« そうなんだよねー。 | メイン | 毛糸の帽子 »

差別言葉?

この記事を読んだときに「どうして??」と思ったのですが、不快に思う人が多かった
というのは本当のようで、自分も気をつけなくちゃな、って思いました。
それは、財務省の求人記事で、
「自力により通勤ができ、かつ、介護者なしで業務の遂行が可能であること」
という表現のところだそうです。

これがダメなんだ、、、って思ったのです。
よく読み進めていくと、これは障害者を対象にした求人記事ではあるのですが、
この文章は、足に障害を負っている人、というように特定の障害者、として
判断されてしまうから、だそうです。

障害者っていろいろですからね、そう考えたらそうですね。
難しいーー。
全部、として考えて、特定の人を排除してるわけではないと思うけどーー。
とはいえ、そう判断されて怒りをかって、この部分は変更されたか削除だったみたい。
また、障害者を受け入れるための設備が整っていない、ともされて、
募集なんかすべきではない、との意見も。
そ、、そうだけどー・・・。

障害者を雇うと国から補助金が出たりするので、あえてやろう企業もあるってききます、
年齢の上の人とかね、、、そういうところもおかしいんじゃないの?
あ、いやね、そのシステムはいいけど、
「だったらそういう人を雇おう」ってする会社側です。
不通に雇ってあげたら??って思うのです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.paekalamata.net/mt3/mt-tb.cgi/72

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2019年03月01日 17:46に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「そうなんだよねー。」です。

次の投稿は「毛糸の帽子」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38