« なんかおかしい | メイン | ブログの書き方 »

息子の告白

ニュースで、息子あんと話してたら急に
「自分はゲイかもしれない」と言ってたとかで、
なんとそれを聞いた母親は安心した、というものでした。
どうして安心か。

なんとその母親も「もしかしたら自分はレズビアンかも」って思って生きてきたんですって。
どうして結婚したのか、は、なんでも結婚に強い恋愛感情は必要ない、って思ったとか。
嫌いじゃなければいい、ってことで親の勧める人と結婚してお子さんをもった。

ずっと自分の奥底にあるレズビアンかも、の部分は隠して生きてきたんですって。
それが息子の告白によって気が楽になったと。
なるほどー。

それで自分はレズビアンなのかどうかはハッキリしてないようですけど笑
その違和感のある生活に光が差した、ということらしいです。
こんなこともあるんですねー。

息子さんも「かもしれない」ってdかえだし、ハッキリさせる必要もないかもですが、
親に言えたってことだけでも安心ですね。

違和感をかかえて生きていかなくて済む。
もっとオープンな世の中になったらこんなこともないんでしょうけど、
まだ日本では難しいでしょうねー。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.paekalamata.net/mt3/mt-tb.cgi/65

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2018年08月01日 17:57に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「なんかおかしい」です。

次の投稿は「ブログの書き方」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38