« 看護師、玉の輿に向けて | メイン | 看護師とその周囲 »

看護師としての誇り

いよいよ春らしい気候になってきましたねぇ。
とても心地よい天気でなんだか妙に睡魔ばかりが襲ってきます。
朝ついつい寝過ごしてしまって遅刻しそうになることもしばしば。
だけど看護師の仕事って遅刻なんて絶対に出来ない。
そんなことしてしまったら医者からどんな目で見られるか…。
医者にとって看護師って絶対に必要な存在だと思うんです。
確かに医者は病を治すかもしれません。だけどその大切な助手である
看護師がいなかったら…?!
だけど医者は看護師に対して見下した見方しかしていないんですよね…。
悔しいけどそれが現実。
もっと看護師に対してもきちんとした見方をしていってほしいものです。
いつかそういう日が来るのかな…。
未来に期待します…。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.paekalamata.net/mt3/mt-tb.cgi/24

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2013年04月18日 06:16に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「看護師、玉の輿に向けて」です。

次の投稿は「看護師とその周囲」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38