2017年10月01日

ルバーブって知ってます?

主にヨーロッパで見られるんだと思うけど、ルバーブっていう野菜があります。
食べると青りんごみたいな味なんですけど、見た目はセロリ。
このギャップがなんともいえないね。

ルバーブは、特有の香りと酸味を持つタデ科の野菜です。
見た目はセロリやフキのようですけど、
加熱すると短時間で溶けてしまうため、
一般的な料理にはあまり使われず、
おもにジャムやお菓子作りなどに使われています。

食用にするのは30~40cmほどの葉柄(軸)の部分。
実際はフキのように大きな葉がついていますが、
店頭では葉柄の部分だけで売られていることがほとんどです。
ちなみにフキはキク科で、ルバーブはタデ科なので両者は仲間ではないんですね。


これでお菓子をよく作ります。
お砂糖でにつめてジャムにしたりもします。
美味しいですよ。

最近は日本でも見られるようになったので、スーパーで見たら是非買って食べてみてください。
でもお菓子にするのがいいかなー。
フキとかセロリみたいなもんです。お見逃しなく。

2017年09月01日

美容院で髪を染めたら

知り合いが、美容院で髪の毛を染めたらその日は枕が少し汚れてしまったと話していました。
髪の毛を染めたあとのこうしたトラブルって多いらしいですねー、知らなかったです。
その日はタオルとかをひいて寝るようにしてるとかで、
他にも、次の日に洗ったらタオルに色が少しついた、とかもよくある話らしい。

けっこう面倒なものなのですね、髪の毛を染めるって。

「髪が濡れている状態」というものは色が出やすい状態になっているようですね。
カラーしてしばらくは出来るだけ白のものには注意しておこう。
つくとなかなか取れませんよー。

経験談ですが暖色系(ピンクなど)のカラー時は比較的起こりやすいトラブルです。
十分注意しよう!

熱いお湯で洗うな、ともいわれていて、冬はつらいですね。
美容師さんからもアドバイスは受けられるそうなので、担当の美容師さんに確認したらいいかも。

いきなりタオルが汚れた、とか、枕に色がついた、なんてビックリですよね。
気を付けましょう!

2017年08月01日

ひとりごと

独り言がいように多い人がいて困っています。
うざいですねー。
ひとりごとを言う人って、本当のそういう病気のこともあるけど、
だいたいはメンタルがおかしい人、寂しい人、なにか心に負っている人です。
本人は気づいてないかもだけどそういう人が多い。

自己アピールのために、独り言をはっきり意識して口にする人もいます。
その根底にある心理は「さみしさ」です。
さみしがり屋で、一人でいることが嫌いな人、孤独を怖れる人は、
周囲の人にかまってほしいという気持ちから人に聞こえるように独り言を言うことがしばしばあります。

「困ったなあ」とか「どうしよう」というような独り言を口にして、周囲の人から「どうしたの?」などと声をかけてもらうことを期待しているわけです。

ほんとうに困ったときや、人に助けてほしい時には、
独り言でなく相手に直接声をかけて助けを求めるのがふつうでしょう。

うざいな。。。

でもどうしようもない、離れるしかないです。
家族でそんなんがいたらどうしよう・・・。汗

2017年07月01日

出掛けると・・・

家族のひとりが出かける。
すると携帯が鳴る。持っていけばいいのに。
家族だからって人の携帯には出られないでしょ、相手に失礼だし。
だからほうっておく。
そのまま忘れる。
すると、携帯の着信を見て本人が怒るのだ。どうして岩内の、って。
知らないよねー、そんなの。そもそも出かけるときにはスマホ、持っていきなさいよ。
なにかあったらどーするのだ。
だからこれからは出かける時には「スマホね!」って言おうと思ってます。

すると今度は「分かってる!」って言いながら・・・忘れるんだよねー。
分かってないじゃないかー。こういうのはもうほうっておくしかないのだ。
電話も知らない。聞いても聞いてないふり。気にするから衝突するのだ。

出掛けるとなぜ電話が鳴るのかも謎ですが、だったら出かけなきゃいい、とも思えてきた。
買い物は私がいく、と言えば「いやいや自分がいく!」と。

これもほうっておくことに。

すると、そのうち電話もなくなって、、、なーんてめでたい話なからいいのですがねー。
相変わらず電話はなぜか留守の時になるし、外出の時はスマホをもっていかない。
いいんじゃない、皆こんなんだからさ。
怒るだけで時間とパワーの無駄ですね。

2017年06月01日

あの人の今

急に思い出した、あの北朝鮮の拉致被害者のこと。
特にアメリカ人のジェンキンズさんはどうしているのだろうと。
彼は拉致被害者ではないですからね、曽我さんの旦那さんですし、みずから北朝鮮に行ったのですよね。

ジェンキンスさんは現在、曽我さんと長女美花さん、次女ブリンダさんの4人で暮らしており、自身は観光施設の売店で働いている。

来日当初の体重は48キロだったが、現在は75キロだとか。
おーすごいな。
健康状態は良好という。
「もし北朝鮮にいたら、私は生きていなかったと思う」「佐渡に来て良かった。不満は何一つない」などと語ったのだそうです、あーよかった。

彼は日本にいて幸せなんですねー。
ただ、アメリカには帰りたいのじゃないかな。
お子さんたちは立派に成長したみたいだし、でも家族ないの言葉は北朝鮮の言葉なんですって。
英語じゃないんだ・・・笑

曽我さんも今どうしてるのか気になったけど、とりあえずは旦那さんのジェンキンズさんについて、でしたー。

2017年05月01日

タイタニック

映画に、何度もなっているタイタニック。
あのタイタニックには日本人も乗っていて、助かったのですが、これでめでたし、にならず。
時代もあttのでしょう、「生きて帰ってきやがって」という風潮があったのだそうです。

中傷とは、生還後に「他人を押しのけてまで生きて帰った卑怯者」という世論が巻き起こったことですね。

その方は、鉄道院の第1回留学生としてロシアのサンクトペテルブルクに赴いていました。
2年ほどロシアにいて帰国するとき、知人のいるイギリスに寄り、
そこからタイタニック号に乗ってニューヨーク経由で帰国することにしたようです。

なんとそこであの事件が。
日本人はこの方ひとりだったそうで。

おんな・こどもが優先、とされているのに日本男性が乗っていて助かった、となれば、、、なんとなくわかりますよね。

でもご本人はなにも語らずじっと過ごしていたとか。ここがもう「ニッポン男子!」って感じです。

タイタニックの話は大好きなので、子孫からいろいろな話を聞きたいのですが、
本人はあまり語らなかったしで、資料もあまりなく。

ただ、汚名ははれたそうです。
「乗れ」と言われて乗っただけで、人を押しのけてまで助かったのではない、とね。

2017年04月01日

シミ取り

シミといっても洋服じゃなくて、顔のシミです。
顔にシミのない人なんていないってくらいあると思うのですが、
それを気にするかどうかですよね。

口コミなどを見て化粧品を揃える人も多いのですが、そういうのって効果はどうでしょう?
高いのでね、効果がないとガッカリしますよねー。

とある化粧品の口コミをわあたしも見てみました。
なんだか胡散臭いのもあります、化粧品会社が「書かせたでしょ_?_?」って奴ね。

1年くらい使った人の体験談とかもありました、こういうのは実際に1年使ってるわけだからまだ信用できます。
化粧品会社が1年分をくれたのなら話は違うけど。

この化粧品は、世の中に数ある美白スキンケアの中でも、できてしまったシミ
(日焼けによるシミ(老人性色素斑)・ニキビの炎症跡・虫さされの炎症跡・肝斑など)
メラニン色素を薄くする漂白効果のある成分「ハイドロキノン」が高濃度に
配合されたもの。

高濃度といってもたった2.6%。すごく微量でしょ。
逆を返せば、それくらい、強くて効き目のある成分だということでもあるよね。

ってな口コミとかもありました。
批判ばかりではなくて正直な感想を我々は期待してるわけですからね、
正直に書いてほしいよねー。

2017年03月06日

転職してブライダルコーディネーターの道もある

知り合いにブライダルコーディネーターの仕事をしている方がいます。
とてもふくよかな人ですが人柄が良くて何でも親身になって相談に乗ってくれるんですよ。

実はその人、うちの姉夫婦のブライダルを担当してくれた方。
私が姉の持つブーケを手作りしたいって相談しに行ったのをキッカケに仲良くなりました。
ブライダルの仕事はやっぱりやりがいがあるし楽しいって言ってました。
でも絶対に失敗できないから責任も重いって…

一回引き出物のことで失敗しちゃったらしいんですよ。
両家の親族に聞かないで新郎新婦だけで引き出物の品を決めたら、式が終わってから揉めてしまったみたいです。

結婚って二人だけでなく両家が家族になるって事なんですよね。
他人同士が家族になるんですもん、大変なわけです。

しかもブライダルの仕事は大変な割に利益が少ないから、お給料も少ないみたいなんですよ。
どんな仕事も楽は出来ないですよね。

その方に転職して事務として一緒に働かない?って誘われたことがあります。
転職しようか相当悩みましたが、その時してた仕事を辞めたくなくて止めときました。

もしその時、転職していたら私もブライダルコーディネーターになれていたかもしれませんね!
ブライダル関係って憧れの仕事ですもん。
機会があったらまた誘ってくれないかな。
今ならすぐ転職しちゃいます(笑)

[PR]新人の産婦人科のナースが転職するためのノウハウ

2017年03月01日

ビスケット

ビスケットが大好きな人がいます。
クッキーでしょ?っていっても「違う、ビスケットだ」と。

ボスケットねぇ・・・と思ってたら、なんと全国ビスケット協会、というのがあるんですねー。
どんな団体なんだろ。

ところで、ビスケットといえば私には森永なのですが、最近めっきり食べてないなー、と思いまして、ちょっと大人買いしたくなりました。
一度にたくさん買っておけばしばらく寂しい思いをしなくてすむ。

でも、作るってことも出来るんだなと。
で、レシピを探ってみたら、ビスケットって名前にはなってるけど、スコーンみたいなのを作ってる人がいました。
すごくおいしそうです。

オーブンがないと出来ないけど、オーブンがあったらすぐに作りたくなる感じでしたー。
あーゆーのだったら作って食べてみたいね!

ケンタッキーで売ってた(今も??)ビスケット(パンみたいなやつ)をマネしたみたいです。
確かに、あれって美味しいもんね。

ビスケットの語源をさかのぼると、ラテン語のビスコクトウム・パネム(Biscoctum Panem)の
『2度焼いたパン』に端を発するという説がよく知られています。

でも二度焼いてなかった(笑)。
美味しかったらいいんだよねーー!!
今度作ってみまーす。

2017年02月01日

バッテリー

ノートパソコンのバッテリーはなくなりそうです。
なくなる、というか、寿命?
安いものではないのでね、新しいものに買い変えてもいいけど、
そのほうがもっとお金かかるなー、って考えてます。
でももう古いみたいだし、、、困ったなー。

使い方やバッテリーが置かれている環境によって大きく異なるから
「何年が目安」
という表現はできませんが、
バッテリーの持ちが悪くなってきた(短時間しか持たない)と感じたら
交換時期が近づいているサインですね。

ノートパソコンを利用していて、
「バッテリーを交換してください」
というメッセージが何度も表示されるようになったら、
バッテリーの寿命が近づいているサインです。


ノートパソコンを電源につないだままでしか使わないという方であれば緊急の問題ではありませんが、外出先などで使用する場合はバッテリーの劣化によって突然のシャットダウンが起きる可能性もあります。

これが一番嫌だ。。

買うかーーー、新しいノート???
または、バッテリーを買ってまだ持たすか。
悩むーーーーー。