2020年04月01日

欧米人の家族

欧米人の家族、というのがデキタトシタラ、けっこう慌てます?
自分が、欧米人と結婚、とか、家族のだれかが結婚などすると、家族になりますね。
向こうからしても、日本医家族ができたことになります。

離れていればさほど問題はないのですが、その国、
つまり相手の国に行くとか、相手が日本に来るとかになると大変。
嫁・姑問題とか、家族かンオなにかがおかしくもなっていきます。

離れていたらいいのです。

私の知り合いは、欧米人と結婚して、しばらく相手の親と同居していました。
珍しいパターンです。
その時の彼女のストレスっぷりったらなくて、「もう嫌!」って、旦那さんといっそに遠くへ引っ越しました。
ちょうど仕事がそんな遠くに決まったのがきっかけ。
おこからストレスはなくなり、親との連絡もさほどではなくなってほっとしています。
今でも時々遊びに着たりすると、それが数日でもものすごいストレスになるそうです。
何処の国も同じですねー。

文化的な違いもあるでしょうけど、性格が一番なんじゃないかなー。

2020年03月01日

ワインボトル

ワインが好きでよく飲みます。
空き瓶をキッチンに置いておきて、捨てる日になると外に出しておくのですが、
それを見た客人が
「いいワイン飲んでるねーー」
ですって。
銘柄だけで分かるなんてツウだなー。
余り日本人でワインに詳しい人っていないので驚きました。

私はスペインのワインとかが好きなのでうが、それもすぐに分かったみたいです。
同じようにワイン好きなんだろうなー。
(今度一緒に飲もうぜ笑)

とはいえ、最近はお酒を控えています。健康の為です。
もともと浴びるように人出たわけでもないのですが(そういう時もあったけどね)、
そろそろ飲み方も替えなくちゃっていうのと、本当に健康を考えて、控えめにしています。
なのでこれからはワインボトルも減っていくでしょう。
家系も助かるわ笑

2020年02月01日

スイス・ロール

スーパーで、なにげにスイス・ロールが目に入ってしまい、
なんか「買ってくれよ」(おとこ??)って言ってるような気がして、1つ買ってきまして。

でも私は甘いものが苦手なので、少しだけ食べて置いておきました。
次の日は少し調子もよく、コーヒーと一緒に結構食べて、
「美味しいかも・・」
とか思っていますと、今度は「お茶と一緒にたべなよ」ってささやくのです。

また次の日に、「じゃ今度はお茶で」と、お茶を入れてスイス・ロールを切って食べました。

やはり甘い。でも美味しい。。。

甘い者が苦手なわりに、毎日食べてるじゃないかーー!笑。
だってスイス・ロールがささやくんですものー。
ささやかれたら食べますよねー。(怪しい人になってる)

どうしてスイス・ロールだったのか分かりませんけど、その時はスイス・ロールにどっぷりハマってしまいました。
でもやっぱりひとりで食べるには大きいので、今度は湧jんを誘ってみたいと思います。
けっこうなスイス・ロールをひとりで食べてしまうのは苦しい。
わたし、、、甘い者が苦手なんですよーーー!

2020年01月01日

日本のシンドラー

日本にも「新どらあーのリスト」をしたって話はいまや有名ですね。
岐阜県出身の杉原さん、、、この人のことは映画にもなったし、ドラマにもなりました。

多くの人の命を救ったのです、ビザの発給で。

リトアニアのギターナス・ナウセーダ大統領が日本を訪れたときに、杉原さんのお墓参りをしたのだそうです。
これもすばらしいことですねー。

リトアニアでは、杉原さんの顔の写真が切手になっているって聞いたこともあります。
英雄なんです。
その、命を助けられた人の子孫がいまでも杉原さんを慕って日本にやってくるそうですよ。
この時代に、政府の命令をそむいて(ここに関しては疑問視もある)、
多くの人にビザを発給した、、、すごいです。
電車あのなかで、電車が発車するまで書いてたっていうんですもの。
その時も、時間切れになって
「もうここまでだ。ごめん。健闘を祈る!」
って言ったらしい。

もちろん誰でもよかったわけでもないようですが、条件がそろえば、ビザを発給する。
そして日本にいったん逃れて、命が救われたんです。
こんないい話がありますかーー??うるうる。

お正月からいい話が書けて良かったです(笑)。

2019年12月01日

アンジー

アンジーこと、アンジェリーナ・ジョリーは、長男のまどっくす君が大好き!
有名な話ですね。
もちろん他の5人の子供も大好きだけど、特に可愛がってるように感じるのはこの長男です。
養子だけど、関係ない。
今は韓国に留学中ですが、時々あってはいるみたいです。

韓国に行けば長男に会える確立は高いだろうけど、
そんなことするファンっているのかな?
おそらくですけど、長男にもボディガードはついてるんじゃないかなー。
誘拐とかあったら大変ですし。

カンボジアだったかな、彼の出生地は。
押さないと言っても物心はついた年齢から養子になったんじゃなかったかなー、記憶によると。
(間違っていたらごめんなさい)
なので本人も、あの有名な女優の養子になれたことは嬉しいはず。

いや、お金があるとかて意味ではなく。
アンジーって子供が大好きだし、子供の自由にさせているとか、
そういう教育方針がユニークで楽しいって思えるからです。
今のところ、アンジーの子供が犯罪を犯したなどというニュースってないでしょ?

2019年11月01日

やってほしい。

レニー・ゼルヴィガーさんといえば、あの「ブリジット・ジョーンズ」ですね。
実は、続編をまたやるかも、って噂があります。
是非やってほしい!!

最初のあの映画を見た時は、こんなに素晴らしい映画があるのか、ってことと、
こんなに素敵な女優さんがいたの??
って思ったけど、レニーはアメリカ人ですね。

見事にイギリス英語を学んだらしく違和感がない。あれじゃイギリス人だと思ってしまう。
いずれにしても素晴らしい女優さんをあの映画で発見、って思って嬉しかったです。

なのでレニーが出ていたら他のももちろん見ます。
出来る限りって意味ですよ。

今みたいのは、題名は忘れてしまったのですが、キアヌ・リーブスと出てるので、
息子さんが実の父親を殺して、、、っていうものです。
じっさいにはキアヌが演じた弁護士が殺したみたいですけどね(あ、ばらしちゃった)。
DVD屋に行く暇がなくて。。

ネットでも、検索して買うって時間がないのです。
こんなブログを書いてる時間はあってもね(笑)。
レニーはとにかくすごい女優ですし、皆さんも是非彼女の映画を見てくださいね。

でもって、第四弾の「ブリジット・ジョーンズ」も是非やってほしい!

2019年10月01日

未来の国王

イギリスの未来の国王、といって思いだすのは、、ウイリアム王子?
いえいえ、その前に、チャールズ皇太子がいるんだよー。
忘れちゃうよね、陰が薄いから。
エリザベス女王の息子です、いわなくても、、、。
でもウイリアム王子の方が人気なので無理はありませんね。
ダイアナ妃を悲しい人にしてしまい、最後は若くして亡くなられたのは、
チャールズのせいだ、なんていう人もいますから。

でもね、そのチャールズ皇太子も、ほんまもんのロイヤルで、会うと気品が田だもんじゃないらしいです。
気品ってのは言葉で言い表せませんね、感じるものですし。
そんな未来の国王、、、どうなっていうのでしょうか。

カミラ夫人は夫が国王になることを楽しみにしているみたい。
でも自分はクイーンになれないことも分かってます。
国民は許しませんね、彼女も離婚歴がある、しかもチャールズと不倫してた人です。

なんだか、未来の国王って、、ウイリアム王子もそうだけど、ジョージ王子も注目されています。
彼が国王になるころ、私は生きてないと思うけど、でも楽しみです。
なんたってダイアナ妃の血を引いた孫で、とてもハンサム。
すごい楽しみです。

2019年09月01日

ECサイト

よくあるECサイトのなかに、「カートに入れる」をつけたい、としたら、
どのアプリがいいのか、、悩んでしまう。
「カートに入れる」があると便利でしょ、買う側は。
何か製品を買っても振り込みに行かなくちゃいけないなんて面倒だもんね。
ということで、ではどこのどんなのがいいのか検索だー。
面倒だねー。

今やド素人でもネットショッピング・サイトが出来てしまう時代です。
また、そこから製品が売れているのかは謎ですけど、やってる人は多い。
またはそういう大きなしょっぴんすサイトで製品を打ってる人もたくさんいる。
皆、それぞれが努力してるんですよね。
努力なくして成功はないのに、その努力をしないでお金儲けしようだなんて。
呆れてしまうが、そんな人が多いのも事実なのだ。

さてそんなECサイトですが、もちろん私も活用しています。
気に入ったもの、必要なものがあれば買います。
そこでどうやっているのか参考にしておけばいいのに、
その時は買うことに集中してしまっているんだよねー。
そんなもんでしょ、ショッピングって(笑)。

でも今後は少し気にしておきます。
参考になるのがあったらいただく!

2019年08月01日

尾行

なんと、、、元々、仕事が忙しくて家には毎日帰ってこない旦那さん、ってのがいて、
それでも仕事が軌道に乗ったのか変えてt来ることもあったのに、
気がついたら荷物もなく、ずーーっとかえってこない、とか。

なのである日、旦那さんを尾行したんですって。
探偵なんて頼むほど余裕もないし、そこまでしなくても、、という気持ちだったらしい。

仕事が忙しくて子育ても放棄状態だった旦那さん。
とはいえ、奥さんも働いているんどえ、子供を親戚の子に預けていたりしたんですって。

尾行していってついた先はマンションの一室。
チャイムを鳴らすと中から出てきたのは、その、子供を預けていた親戚の子。
まだ大学生くらい。なんてこと。。

旦那さんはごちょごちょと「相談に乗っていてこうなって・・」とか言ってたそうです。
奥さんは冷静に「この人はあなたにあげる。子供にまだお金かかるから生活費と学費は入れてね」
って出てきたとか。
すごい。強い。
でもその親戚の子も「いえ、、私もいりません」(!!)で、
旦那さんは行く場所がなくなり、会社に寝泊まりするように。
もともとは「会社で寝てる」と言ってたそうだからこれが自然な姿なんだけどね。
尾行は役に立ったわけです。
でも家庭崩壊、、、ありゃーー。

2019年07月01日

肺炎

映画を見ていて、今のイギリスの女王は子供時に肺炎にかかったみたいなセリフがありまして。
特に女王のことを描いた映画ではなく、お父様のジョージ王のセリフでした。
まだエリザベスが小さい時の話で、
「娘が肺炎になってね」
っていうシーン。
そこで「あー、肺炎になってたんだ」って初めて知りました。
これが本当にその当時にあったことなのか分からないのですが。

肺炎になんかかかったら大変ですよね、特に昔は。
女王は特にお元気そうなので信じられないですけど。

さて肺炎ですが、英語では「ルーマニア」みたいな発音で聞きとりにくいって言われてます。
慣れたら大丈夫なのですけどね。
それに、話しの流れで「娘がルーマニアになってね」っておかしいですしね。
ルーマニア、に聞こえても、話しが分かれば「あ、肺炎か」ってなります。

女王のお父さんは急にキングになりましたが、もともとはお兄さんがキングでした。
でもアメリカ人の離婚歴のある人と結婚したかったので王冠を譲ったのは有名な話。

そのお兄さんの前にもお兄さんがいたって噂もありますが、おそらく弟の間違いかなって思います。
弟さんは身体が弱くて、、亡くなっています、13歳だったかな。
かわいそうに。

カテゴリー

Powered by
Movable Type 3.38